AUD/USD 30分足

Sの個所でエントリー。

ここで売りエントリーできますか?

上のチャートでエントリーしたい場所がAとB

Aがグランビルの売り1 

75MA抜けたところ

 

Bがグランビルの売り2

 

AとBとSのエントリー場所

あなたはどこを選びますか?

 

佐野さんの動画の検証ですので

AとBは置いといて、佐野さんがエントリーしたSを見ましょう。

 

 

Sの個所で売りエントリーしたのが天才おじさんの佐野さん。

凡犬プードルが理解できるか?

30分足ではなく 5分足にして理解できるか探りましょう。

 

移動平均線が75、50、20

あと遅行線(凡人にエントリーすべき方向を示してくれる羅針盤)

 

実際は佐野さんEの上あたりで売りエントリーしてる感じですが、凡人・凡犬はローソク足が確定してからエントリーします。 ここ重要です。

 

Eは、遅行線がローソク足を下に抜け、平行線も抜けたところです。

いわゆるプードル犬哲パターン。

移動平均線も上から75、50、20なので売り目線。

 

よってEで売りエントリー

儲かりました。

5分足にして、エントリーできることが理解できました。

 

Eは、グランビルの売り1です。

なぜなら

ここから下げトレンドが開始(正式な定義と違いますが 本質はこれです)

 

グランビルの売り1だけで

グランビルの売り2や売り3はありませんでした。

■初級・中級コースのない上級コースのみのスキー場でした。

 

グランビルの売り1や買い1の定義

トレンドの始まりの場所 &

儲けることができる場所です。

 

エントリーする場所がないと悩んでいる方は

グランビルの買い1や売り1がわかりエントリーできれば、

儲ける機会は大きく上昇します。

 

ただし

高いスキルがないと

儲ける機会は増加するが、損する機会も増加します。

なんとも悩ましい。

 

 

 

佐野さんのエントリー場所はグランビルの買い1や売り1が多いようです。

凡人・凡犬が狙う買い2(売り2)や買い3(売り3)まで待ちません。

 

理由?

◆佐野さん 意外と短期な性格、せっかちな性格であること。

◆買い2、買い3まで待たなくても儲けることができるスキルがある。

◆Y談好き  これは関係ありませんでした。すみません。

 

 

Eでエントリーした佐野さん、儲かったでしょうか?

また、どこで決済したでしょうか?

 

佐野さん、一番下げたあたりで決済してます。

すごい人です。

 

決済根拠?

「知らん」

凡犬にはわかりません。

佐野さんは説明して決済してますが、

直接 動画で聞いてみてください。

 

ネタばらしすると

ローソクの動きを見て

「上がりそうだから」

 

「・・・・・」

 

 

 

今回の佐野さんのトレードのまとめ。

・グランビルの売り1でエントリーできるスキルを持つと、エントリーの幅が広がる。

・凡人は、ローソク足が移動平均線を抜いたという根拠で、エントリーしない。

(いわゆる グランビルの売り1で、単純にエントリーしない)

・凡人は、遅行線がローソクを抜く+平行線も完全に抜いた場所でエントリー。

1つの根拠ではなく2つの根拠があればエントリーしてみる。

例えば女子学生に人気の明治パターン(ダブルトップ)が現われているとか・・・

 

 

あと

凡犬の重要な鉄則も守ってください。

私たちは、頭と尻尾は他人にあげます。

美味しい身の半分も喜んであげます。

身の半分だけもらえれば十分です。

 

 

私たちは

凡犬・凡人の工夫で佐野さんに近づきましょう。

 

佐野さんの家族の人 佐野さんの「すごさ」知っているのでしょうか?

家族からみると、普通のおじさんなんでしょうね。

これも

追加の結論です。

 

 

北海道の大きな地震

佐野さんに被害がなく良かったです。

(佐野さんは北海道在中)

 

あと電力面を含め復旧が早く進むことをお祈りします。