ドル/円 もみ合ってます。 下記は15分足。

遅行線が、ねちっこく

からんでいます。

 

60分足も見ましょう。

右下の個所が15分足で見ていたところです。

60分足でも遅行線がローソクにからみ始めています。

 

下げトレンドのAの個所を15分足で見てみましょう。

上の大きなヒゲをつけた次の「大きな陰線」から下に抜けた感じです。

 

下げトレンド前提で

もち合い放れをねらいます。

 

AとBが「もち合い下放れ」個所

 

Aのように長い足で抜けた場合

いったんローソク足が戻るので

損切りポイントが難しい。

方向性は、よかったが損切りになった可能性大

 

Yの個所(AとBの間)も「売りポイント」

 

AとBで売りエントリー

損切りの個所を決め

淡々と行いたい。