最高のFX商材は?

・遅行線

・GMMA

・一目均衡表(遅行線含む)

 

わざわざお金を出さなくても

「FXの羅針盤」が利用できます。

 

FXのトレードには

いくつかの「取り決め」

があります。

 

レンジではトレードしない

 

遅行線が役に立ちます。

 

遅行線が絡んだら「レンジ」

移動平均線75期間と200期間もシグナルとなる。

 

下記チャートで、トレードが難しい場所は?

 

遅行線が絡んでいる場所でエントリーしても

どちらに行くか不明

 

レンジでトレードしないとは

「トレンドがあるところでトレード」する

 

GMMAチャートがわかりやすい

 

短期線(組)と長期線(組)が

同じ方向に揃ったら準備(タマ1個入れる)

 

タマ2つ目入れたところでエントリー

(タマを入れて止まったところが2つ目)

 

その後もタマが入れられたら

エントリーしてみる。

 

必ずストップをいれる

 

プラス(勝ち)とマイナス(負け)を繰りかえして

トータルで資金を増やすのが

FXで資金を増やしていく

唯一の方法

 

勝率100%はあり得ない

よって

マイナス(負け)の金額を抑える

 

マイナス(資金の減少)金額を

許容範囲に抑えておけば

戦えます。

 

 

「ストップ」を入れて

トレンドのある場所で

トレードができれば

FXから退場する可能性は低い

 

でも

トレンドをつかむことが

難しい

 

レンジで「無駄なエントリー」をしないことが重要

GMMAチャートで迷ったら

一目均衡表でも見てみましょう。

 

雲の中が難しい場所と一致しています。

ローソク足が雲の下なら

下げトレンド

 

ローソク足が雲の上なら

上げトレンド

 

「FXとマンションは眺望が命」パターン

今回は説明しませんが

ほんと

「おいしい」

 

ここを取らないで

どうするんだよ

粋なねーちゃん、立ちしょんべん

って感じ

 

見てきたチャートに

検証クイーンさんのパターンがありました。

ほんと

どこでも出てきます。

それだけ使えるパターンとも言えます。

 

下記はポンド円30分足 「クイーン1」が検証クイーンさんの売りエントリー場所

ローソク足が確定してから

エントリーになると

陰線が長い

 

15分足で見ると、いいタイミングでエントリーできます。

15分足だけ見てトレードした場合

もう少し前が検証クイーンさんのエントリー場所になりますが

どちらにしろ

大きく取れます。

 

あと15分足の一目均衡表の雲の中で

ローソク足が

「もがい」ています。

(レンジだと言いたい)

 

一目均衡表

誰でも「無料」で使えるツールです。

GMMAチャートと

合わせて使いたい。