たった2つのラインを引くだけ。

 

簡単のようですが簡単ではない、

感じです。

 

ロブさんの2トレ手法。

上昇トレンドで、売り場所を見つける手法。

買いではなく、売り場所ですよ。

 

4時間足でベースラインを引きます。

L1とL2でラインを引きます。

売り場所を見つける手法ですが、

Bで買った方がいい。

Bでトレンド開始です。

 

4時間足でベースラインを引いた後、

1時間足でエントリーラインを引く。

1時間足のラインの方が急角度になります。

(ギャン氏のラインを思いだしますが、ここでは省略します)

E1とE2でラインを引く。

ラインが引けるということは、より上昇トレンドと判断できます。

買い増しできる。

 

売り場所を見つけるために2つのラインを引く手法ですが、

その前に、十分に買いエントリーして儲けることができます。

 

2つ目のラインを引くのも、引く場所が難しく、

一目均衡表の雲抜け」で売りを狙った方がいいでしょう。

 

 

違うチャートでも確認しましょう。

4時間足でベースラインを引きます。

次は1時間足でラインを引く。

 

その前に

なんて素晴らしいチャートなのでしょう。

ローソク足と遅行線が雲を抜け。

ローソク足が雲に沿って上昇しています。

 

こんな素敵なチャートを目の前にして

売り場所を探す。

 

なぜなの ???

 

さて、1時間足を見ましょう。

ベースラインは4時間足で引いたラインです。

 

1時間足で

エントリーライン1

エントリーライン2

を引きました。

エントリーライン2を下に抜けた場所がE

そこで売りエントリーは失敗。

 

エントリーライン1を抜けた場所も失敗。

(画面には出てませんが、失敗します)

 

角度が良くない。

ベースラインの角度が低すぎでしょう。

 

ギャン氏ではないが

45度の角度をベースにすべきか?

 

次のブログは

久々の世界初公開。

 

キムタクも三ツ星をねらっています。

ドラマ:グランメゾン東京で

 

FXプードル犬は

なんちゃって世界初公開を目指します。

 

あと

キムタクのライバル店?のGAKUは、

ミシュランの星を1つも取れないでしょう。

 

最終回で

視聴者に満足を与えないといけません。

 

視聴者は、「やった~ 」

 

グランメゾン東京を見てよかった。