FXで800万円損をした主婦の話を読みました。

なぜ800万円もの損を重ねていったのか不思議に思う人が多いと思います。

 

実は、他人事ではありません。

ズルズルと損失を重ねていくのが投資の世界であり、普通の感覚の人間の方が損失を増やしていく傾向にあります。

普通の人間の感覚で行動すると大きな損失になるのがFXです。

 

FXで必ず言えることは、100%の人間が損をします。

私の友人も貯金のほとんどを失いFXから撤退しました。

 

FXに階級制があり、1年以内の初心者のみが売買できる市場があれば、儲けることができるかもしれません。

 

FXの世界で生き残っているプロと同じ土俵で戦うわけです。

数百万、数千万円失うのが当たり前です。

 

例え話

あなたが野球を始めました。

大リーグのピッチャーからヒットを打てると思いますか?

いきなりプロと戦うのです。

当然、ヒットは打てません。

 

よって、FXで負けるのは当然です。

 

上の「例え話」は、正確ではありません。

実は、素人でもヒットを打てるのがFXの世界なのです。

 

エントリーと同じ方向に相場が動けば、素人でも儲かります。

全くヒットを打てない方が損失が少なくなるはずです。

なぜなら、早々とFXの世界から抜けることができるからです。

 

儲かることもあるため、ズルズルと損失を重ねることになります。

 

損しても、「次は、また儲けよう」と、売買を重ねていきます。

 

1回目の取引で1万円の損。

損を取り戻そうと2回目の取引。

2回目で1万5千円利益になった。

こんな経験をしたら、1回目の損失後、すぐに再トライするはずです。

なまじ成功体験があるため、損を重ねます。

 

「今日は、絶対にプラスしよう」

何度も何度もエントリーして損失を重ねていきます。

 

FXを行うということは、お金を失うだけでなく、大切な家族も失う可能性があることを肝に銘じるべきなのかもしれません。

 

資金管理は、おもしろくなく、軽視しがちです。

 

短期間で、数百万円失う可能性があるのがFXの世界。

資金管理を覚えなけれは、退場になります。