チャートを見ましょう。 米ドル/円 15分足

明治パターンが現れています。(実は違うが)

セオリーどおりBで売りエントリーはOKなのか?

 

まだどうなるかわかりませんが、もみ合いに突入した感じです。

上記の場合、明治パターンではなく「もみ合状態」で前の高値のところで戻ってきたと見るべき。

 

このチャートの前にも明治パターンがありました。

下記になります。

 

こちらはCで売りエントリーで儲かりました。

Eまで戻り辛抱のトレードにはなります。

 

1時間足でみると下記になります。

1時間足だと、どちらも「もみ合い」状態です。

 

最初に見た明治パターンが J

次に見たのが Mの場所。

 

 

 

何が違うのでしょうか?

移動平均線 20MA、75MA、200MAを出しています。

遅行線の絡みだけではなく、移動平均線もローソク足に絡んでいます。

(上のチャート)

 

下のチャートだと20MAと75MAが、多少絡んでいますが、200MAは絡んでいません

 

前のブログで「ゴールデンクロス」を否定しましたが。上のチャートでは機能してますね。

Eの少し右側の20MAと75MAが交差したところ。

正確には、デッドクロス。(ゴールデンクロスの逆パターン)

 

まとめ

1時間足で遅行線が絡んでいるので、「見送り」

儲かった明治パターンでも「見送り」が無難。

 

Eの先、Dの平行線を抜けたところで「売りエントリー」

グランビルの売り2がEの下あたりとすれば「売り根拠」としてあり

 

1時間足の状態が良くないことを考えると(もみ合い突入という意味)儲かった明治パターンのチャートが出現しても見送りなんでしょうね。

 

 

 

 

将来、結婚しましょうね

 

続きのチャート。

Mで売りエントリーしたら?

Hまで下げましたが、失敗トレードに終わった感じです。