下記のチャートで売り場所はどこでしょうか?

米ドル/円 4時間

 

グランビルの法則でいうと

3ヶ所の売り場所があると思います。

売り1、売り2、売り3

 

売り2と売り3は理解できると思います。

 

あなたは、売り1で「売りエントリー」できますか?

 

一目均衡表で見てみましょう。

上のチャートよりエントリー場所が多く見つかります。

A: 遅行線がローソク足を抜いた場所。

B: ローソク足が雲を下へ抜けた場所。

下げトレンドの始まりなので「売りでエントリー」

 

結果がわかっているので、「売りエントリー」と書けます(書けています)。

 

Cを下抜けして、初めて下げトレンドと見るべき。

よって、

私たちは、Cで売りエントリーしたい。

 

初心者が勝つ方法は何でしたっけ?

  • トレンドが発生したら同じ方向へエントリーすること
  • グランビルの法則の買い2(売り2)か買い3でエントリーすること

 

 

 

あと

あなたは、Eで売りができますか?

 

佐野裕さん、Eで売りエントリーしてました。

Eで売りエントリーできなくてOK。

ぜんぜんOKです。

私たちは、EではなくFで売りエントリーすればいいです。

転換線を使って、「戻り売り」すればいいのです。

 

CやDやFは転換線を目印にして「戻り売り」パターンでいけます。

 

私たち素人投資家は「トレンド」に乗ることが1番。

 

いっしょに「トレンドに乗る方法」を見つけていきましょう。

 

Eで売りエントリーした佐野裕さん

高値と安値を確認してエントリーしていました。

そうです。ダウ理論ですよね。

 

素人は

高値と安値を確認してもエントリー場所を見つけるのは大変です。

でも、儲けている投資家は、必ず確認しています。

 

私たちも高値と安値の確認をする習慣をつけていきましょう。

佐野さん、Eで売って、

200PIPS以上取ってました。