2018年7月15日 高校野球の東京地区大会で早稲田実業と早稲田高等学院が対戦しました。

早実が逆転勝ちました。

 

10年ぐらい前も対戦しています。

その時、早稲田高等学院から「本家はこっちだ~」

都の西北の校歌も早稲田学院が歌っていました。

 

さてチャートを見ましょう。

早稲田パターンが現れたら、どこで買いエントリーでしょうか?

Bですよね。

 

Wの真ん中の山を越えたところ。基本の基本。

 

Bの上あたりで、遅行線がローソク足を抜けています。

Bで「ラインR」を抜けています。

WASEDAパターンに援軍来る。

こうなると早稲田、強いですね。

 

下手な商材購入するより「早稲田パターン」を極めた方が良さそうです。

 

この早稲田パターン、いわゆるダブルボトム。

初心者向けの本には必ず載っています。

 

みんな知っているけど「利用していないパターン」だと思いますが、機能しますね。

私も再認識させていただきました。

機能しない「ゴールデンクロス」とは大違い。

 

早稲田パターン

「早稲田パターン」が出たら遅行線の位置も要確認です。

あとラインも引いてみましょう。

 

頼りになるのは「遅行線」

遅行線です。

「優ちゃん」や「ひろ子」さんのように素晴らしく、角松敏生さんの歌のように素敵。

僕、ロボット

もう少し、かっこよく作ってほしかったな~

 

 

 

僕の顔の方がかわいいね。

 

「本家はこっちだ~」と早実生に向けてやじった早稲田学院の生徒たちは、まだ知らない。

 

早稲田大学の大学生になると「受験で入学してきた生徒」たちから「裏口入学」と陰口をたたかれることを、君たちは知らない。

 

早稲田学院生と早実生は「英語ができない者どおし」で仲間になることを君たちは知らない。

大学の補講も学院生と早実生が仲良く受講することを君たちは、知らない。

 

君たちは、まだ知らないだろうが、

数年後、学院生の心の拠り所(よりどころ)が早実生になる。

確実に・・・

 

注)早稲田学院が早稲田大学の付属校、他方早稲田実業は早稲田の系属校。