ラインを引いてみます。

グランビルの買い1とライン抜けしている個所が「買い1」

 

上のチャートでは、75MAの移動平均線を基準に考えます。

 

グランビルの買い2が「買い2」のところ。

Bの前でエントリーしそうですが、買いエントリーしても儲かりました。

損切りの位置は、A

 

グランビルの買い3エントリーでも儲かりました。

 

DとEは、2億円パターンです。(上放れパターン)

三角形を書いて、そこを抜けたところでエントリー

 

Eで買いエントリー。Fの位置が損切り。

損益比率が1:1なら儲かりました。  Gが高値位置。

 

トレンド出始めで、グランビルの法則を使ってエントリー。

トレンドが出たら、2億円パターンを使ってエントリー。

2度楽しめる「グリコ相場」でした。

 

シンプルな考え方ですが、なかなか行動がついていけないのが人間。

グランビルの法則狙いなら、買い2か買い3狙いでトレードを終了した方がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのよー

だらだら生きてきたら・・・

 

気づいたら 70歳超えていたよー