前にも書きましたが、有名な証券会社から転職してきたMさん

ダウ理論を知りませんでした。

 

下記チャートは、上げトレンドですか? 下げトレンドですか?

見れば、誰でもわかりますよね。 上げトレンドです。

 

言葉で表すと、高値が切り上げり、安値も切り上げている状態

 

「当たり前な話をもったいぶるな!」

と言われそうですが、これが基本の基本になります。

 

下記の上昇トレンドで「もち合い放れパターン」を見つけてください。

移動平均線の上の場合は、

上放れパターンが基本(上に抜けるパターンのことです)

 

A、B、Cが上放れパターンの個所です。

 

グランビルの買い1、買い2、買い3の後がちょうど

A,B,Cの個所

 

Aで買っても、Bで買っても、Cで買っても、儲かりました。

 

今度は、下げトレンド。もち合い放れはどこですか?

移動平均線の下。よって下放れパターンが基本。(下に抜けるパターン)

A、B、C、Dが下放れパターンの個所になります。

AとBは儲かったでしょう。

CとDは微妙。儲かったかもしれないし、損したかもしれません。

(Dでは、損したでしょうね)

 

ダウ理論は、上昇トレンドか下降トレンドかを判断する基本的な考え。

上昇トレンドと認識したら「買い」で入る。

下降トレンドと認識したら「売り」で入る。

 

今回の解説で、証券会社の人間より多くの知識を得ました。

 

ダウ理論も知らないのですから

もち合い放れの知識を知っている証券マンは5%も

いないでしょう。

 

もちろん冗談ですが、

結構、証券マンで知らない人は多いと思いますよ。