月100万円稼いでいるクイーンさんの勝つ方法

を見る前に、2億円稼いだ梶田さんの好きなパターンが現れているので

最初から、脱線します。

 

三角を描いて、そこを抜けたところが梶田さんの得意な場所。

ちなみに1年4カ月で2億円にした方です。

さて

クイーンさんに行きます。

キラークイーン戦法

遅行線がローソク足を抜く。

そして上値抵抗線を抜いたところが買いエントリー場所。

上値抵抗線は、抜いた後に現れた上値抵抗線抜けになります。

 

Q1かQ2のどちらかです。

「わからないのか?」って言われても

自分は、クイーンさんではないからね。

 

怒られついでに書くと、

クイーンさん、

Aで買っているはずです。

クイーン手法その2(クイーンB)になるので、

こちらは割愛します。

 

クイーンさんは、勝ちパターンのチャートを常に持ち歩き、

確認しているそうです。

 

下のチャートでキラークイーンエントリー場所は?

 

遅行線がローソク足を下に抜け。

その後の下値抵抗線を下に抜けたところ。

QE1かQE2

とにかく

形を覚える

 

形を覚える。

 

 

違う下げ場面を見ます。

LではなくRの方がキラークイーン。

遅行線がローソク足を下に抜ける。

そして、その後の下値支持線抜けで売り。

Lでも結果OKでしたが、Rがキラークイーン戦法。

 

 

今度は、2億円戦法。

2億円パターンはどこになるでしょうか?

上値抵抗線抜けの場所になります。

 

梶田さんのパターンは、

どうしても

買いエントリーの形になりますね。

 

 

今度は、クイーンさん。

キラークイーン戦法の売り場所はどこでしょうか?

遅行線がローソク足を下に抜けてから、その後の下値支持線抜けを狙う。

 

Hで抜けているので、Hで売り。

 

Hがグランビルの法則の売り1

KQ1が(原田知世さんの)グランビルの法則の売り2

 

FXとマンションは眺望が命場所。

 

キラークイーン戦法、

誰かのエントリー場所とかぶる場合と

かぶらない場合もある。

 

形を覚える。

キラークイーン戦法の売り場所は?

違うチャートを出していますが、

同じチャートを出していないか不安な

ぐらい似ています。

 

遅行線がローソク足を下に抜け。

そして下値支持線抜け。

 

あとから現れた下値支持線抜けでエントリーする。

そこがポイント。