「定年後、退職金の一部で株式投資を始めてみようかな」

このように考える方は、結構な割合でいると思います。

 

日本の株が下げトレンドになった場面で

株式デビュー又は再デビューしても

儲からない。

と思います。

上はFXのチャートですが、

この下げトレンドで、買える場所は、A、B,C、Dです。

買いで儲ける場所があるとも言えますが

売りで入る方が儲けやすいことがわかると思います。

 

定年になってから株式投資を始める人(再デビューの人)は

信用取引を行なってはダメです。

よって「売ること」ができません。

 

投資レベルが低いのに、難しい場所でしか株式投資に参加できません。

 

ナンピンもダメです。

株式投資

なぜか投資したい(好きな)会社ができます。

将来性があり株価もあがると思える会社。

自分だけのお気に入りです。

 

お気に入りの美女(会社)

株価を見ていると、下がってきています。

「これは買い時だ」

 

ほしい洋服ならセールで安くなった時が「買い」でしょう。

その感覚で株式投資やFXを行う。

惚れ込んだ美女(会社)

もみ合い時の株価をず~と見ていたら下がってきました。

①あたりで買わなくては買い場を失いそう。

①で購入する。

 

また下がった。

 

将来上がる株だから②でも購入。

これにより購入価格(購入単価)も下がり、儲けやすくなりました。

もっと下がった③でも購入。

 

安い価格で買って、高くなったら売る。

これ

株式投資の儲け方です。

 

「ナンピン」はこの方法に沿った「すばらしいやり方」です。

理屈では・・・

 

実戦では

「ナンピン、ナンピン、スカンピン」

前の価格より安くなったので買う。

この感覚から卒業できないと株式デビューすべきではない。

 

定年後の株式投資デビューは、

短期スパンは無理なので、長期スパンで儲かる方法を考える。

 

FXもダメです。(50歳代以上のデビューは、やらない方がいいです)

FXは短期決戦なので、損切り100%前提になります。

 

下のチャートのUからP。 

UからPで買うなら誰でも儲けられそうです。

ちなみに、Pで買ったらダメですよ。

 

UからPで売るとしたら、どこで売りますか?

ま~ Pなんだけど、Pで売れませんよね。

よって「売り」から入れません。

上げトレンドなら、買いから入るべきだし

下げトレンドなら、売りから入るべき。

単純な法則です。

 

スケートのように難易度が高いところでエントリーして、儲けても、価値があるとは思いません。

難易度の低いところでエントリーできる人間の方が、投資レベルが高いはずです。

 

トレンドを見つけて入るべき。

でも

レンジからトレンドになる場所の確認が難しいので、みんな苦労しているわけです。

 

 

IQの高い人に

「なぜ、ナンピンをしてはダメなのか、レポートに書きなさい」

という問題を出しても

たぶん書けないと思います。

 

ナンピンで損をした経験がないと書けないところが、

「投資は普通の感覚では儲からない」

ところなんだと思います。

 

数百億円の資産家なら、ナンピンもOKでしょうけど。