2億円を株で稼いだ梶田政人さん。

2億円を稼いだ得意パターンが「三角もち合い放れ」そして

「上値抵抗線抜け」です。

 

下のチャートでラインを引いて「ライン抜け」している個所を見つけてください。

 

下記以外でも、いくつかラインが引けそうです。

AとBとDが「三角もち合い上放れパターン」

CとEとFが「上値抵抗線抜けパターン」

 

上のチャートの続きです。下記チャートにラインを引いてみましょう。

長い上昇トレンドなので、いくつがラインが引けそうです。

 

買いエントリーして、損切りしないといけないポイントもありますが、初心者でもラインが引け、ライン抜けの場所がいくつも見つけられます。

 

初心者の戦い方

もちろん、これが絶対ではありませんが

①トレンドの発生を認識する。

②トレンドが発生したら、ラインを引き、ライン抜けでエントリーする。

あと

トレンドが発生したら、儲かるチャンスは2回ほどと理解する。

(池上優ちゃんと薬師丸ひろ子さんの2人のみアタックするイメージ)

 

ローソク足が移動平均線の上なら「買いのみ」考える。

ローソク足が移動平均線の下なら「売りのみ」考える。

 

初心者は

トレンドが発生したら

「三角もち合い放れ」か「抵抗線抜け」のラインを引いて、

ラインを抜けた方向へエントリー。

 

これに集中します。

 

人間の脳は、3個の情報を同時に理解できない、そうです。

精神科医の樺沢紫苑さんの著書「OUTPUT」より

 

2つのことでも著しく能力が低下するようです。

 

よって

初心者がチャートから多くの情報を脳で処理して、買うべき(売るべき)個所でエントリーすることはできない。

 

金が絡んでいない物事ですら3個で脳がいっぱい。

金が絡んでいるFXでは1個の情報処理だけで、脳が一杯です。

 

「三角形」か「斜め線」を引いてみて、そこから抜けた方向へエントリーする。

これだけできれば、初心者として100点満点です。

 

エントリー時、損切り場所も決めて淡々と損切りしていく。

ストップロスオーダーをする。

「逆指値注文」「ストップ注文」と呼ばれているものです。

 

 

2億円パターン戦法を見ている方が楽しいのですが、資金管理ができないとFXの世界では生き残れません。

 

損切り、損切り、そして損切り貧乏。

そこからトータルでプラスにできるトレーダーになれるか。

 

2億円を株で稼いだ梶田政人さんも、3勝2敗でOKと言ってます。

 

初心者が勝てるパターンは、トレンドと同じ方向にエントリーする。

「三角もち合い放れ」または「上値抵抗線(下値支持線)抜け」を狙う。