10月2日の佐野さんのトレードを見ましょう。

結果から言いますと

5時間以上のトレードで、たった10PIPSの獲得。

 

 

 

もちろんジョークです。

 

10PIPSで終了しましたが、佐野さんの「すごさ」を見ましょう。

AUD/円 30分足です。

〇(まる)を見ると、安値が切り上がっています。

これ何の法則でしたっけ?

 

そう「ダウ理論」ですよね。

みずほ銀行、三井住友銀行の行員さんが知らない「ダウ理論」

 

みなさんは、大丈夫ですよね。

 

佐野さん上昇トレンドで買いエントリー。

セオリーどおりです。

遅行線が絡んでいて、上昇トレンドとはいえ、難しいところですよね。

上は30分のチャートです。

佐野さんも30分足を見てエントリーしています。

 

そうそう

30分足のチャートでエントリーしてますが

4時間、日足もきちんと見ています。(注意事項)

 

 

5分足で見てみましょう。

遅行線が絡んでいます。

30分足でも絡んでいましたよね。

ほんと、遅行線すばらしすぎ。

 

 

遅行線が絡んでいる時の原則は何でしたっけ?

 

エントリー厳禁でしたよね。(「もみあい」だから)

ま~ 凡人と凡犬のセオリーですけど。

佐野さん、真ん中の〇(マル)でエントリーして

右側で決済しています。(多少、ずれているかも)

 

もう上がらないことがわかって、決済の判断をしています。

佐野さんだからこそ、10PIPS取れているわけです。

 

ほんと、すごい「おっさん」。

もとい

ほんと、すばらしい先生です。

 

佐野さん

火曜日のほぼ同じ時間にエントリーしてます。

これ難易度が高すぎ。

これで結果を出しています。

 

我々は、儲けられる場所でエントリー

これ鉄則です。


佐野動画の見る注意点

◆参考にすべきところと、真似しない(真似できない)ところを、しっかり把握する。

◆天才佐野さんも損切りラインを決め、100%実行している。

◆損切りを含めたトータルで勝っている。(ドカベン並みの勝率なので、そこは参考にならない)

◆佐野さんのことを、「おっさん」と言わず、「先生」というべき。

◆佐野さんもエントリー後、ほぼマイナス状態になるが、あわてず、淡々とトレードしている。

30分足をもう1度見ましょう。

遅行線がもう少し左側にあると

おいしい相場になっていたはずです。


下記みたいに遅行線が離れていると最高(下記も30分足)

 

上のチャート。

池上優ちゃんや薬師丸ひろ子さんがいますね。

やっぱり、こっちの相場ですよね。

 

 

追伸

みずほ銀行の行員さんへ

 

ワンみずほ。
(みずほ銀行、みずほコーポレート、みずほ証券が1つになったという意味)

みずほ銀行の行員の人、証券マンも兼ねていたりします。

 

「ダウ理論」ぐらいは覚えていた方がいいと思うワン。

プードルの世界でも常識だよ。

ワン