チャートを見ましょう。 米ドル/円 4時間

明治パターン

 

大きな明治と小さな明治がいます。

大きな明治の真ん中がA、小さな明治の真ん中がB

遅行線がAの下あたりで、ローソク足を下に抜けています。

 

よって

Aを抜けたところの(おー)で「売りエントリー」

損切りがPの個所。

陽線が出ましたが、損切りまでいきません。

次の陰線、損切りポイントをQの位置まで下げます。

でも大きな陰線なので、Rの方がいいでしょう。

 

次の陰線がでたら、始値を損切りポイントにしていきます。

(陰線の始値は黒いローソクの上のところ

 

損切りがVの位置ぐらいになります。(陰線Sのローソク足の上の位置)

O(オー)で売りエントリーしてますので、そこそこ儲かります。

4時間足でトレードしてますから。

 

流れに逆らわない戦法です。

できれば、大きな時間足で仕掛けたい。

 

サラリーマンは難しいけど。

 

 

僕の優ちゃんをバカにするな

鼻の穴が丸くてもかわいいんだから