例えれば

「スクールウオーズ」の高校に、地区一番の悪が入学。

絶対に「やくざ」になると思っていたら・・・

 

なんと

教師になっていた~

(前回、この内容で終わりました)

 

不良だらけの高校。

1人の熱血教師が「ラクビー」を通じて、不良高校生たちをりっぱな高校生に育てていった

 

ラクビーを通じ高校生たちがやっと「打ち込めるもの」ができた頃、

地区一番の極悪中学生が入学してきた。

 

 

NHK番組のラスト。

ラクビー顧問の関係者が一同に集まっています。

顧問の世話になった人たちが企画しました。

 

ラクビー顧問が泣きながら

「嬉しかったのが、あの悪かったウルフ(仮名)が、教師になってくれたんです」

クライマックスシーン。

 

ウルフが壇上に出てきました。

 

泣いているラクビー顧問。

ウルフも・・・

 

泣いていると思いきや

照れ笑いしながら壇上に出てきました。

 

教師になっているだけあって

昔の面影は・・・

 

なんと昔のまま

眉毛剃っているし・・・

(私の記憶の範囲ですが)

 

でも生徒に慕われている感じでした。

ウルフさん。

 

日大のアメフトコーチや監督より

ウルフ教師の方が「生徒思い」のようです。

 

ぜひ泣き虫ラクビー顧問の遺伝子を受け継いでもらいたい。

眉毛剃っていてもいいから・・・