一度見たチャートです。

下げトレンド。「もみ合い下放れ」の場所は?

移動平均線は、20と75。  あと、遅行線を表示。

Cの個所

売りエントリーで儲かります。

いわゆる「もみ合い下放れ」。

勝手に名づけた「2億円パターン」です。

 

上のチャートの続きです。

EとFの個所

2億円パターン。

EはOKとして(微妙ですが・・・)

Fで売りエントリーしていたら、損切り。

 

Fのポイントでは、遅行線がローソク足にからんでいます。

よって、エントリー不可。

もちろん

「遅行線+平行線」抜けの「哲ちゃんパターン」ではありません。

 

2億円パターン

Cでは有効でしたが、Fでは機能しませんでした。

 

だから

2億円パターンでは、トライしない。

 

・・・ではなく。

 

エントリーして、ダメなら損切り。

 

 

100%機能するパターンは、ありません。

哲ちゃんパターンしかり

2億円パターンしかり

 

Fで売りエントリー。

損切りしなければ、少なくとも「プラス」になりました。

 

でも「損切り」が正解。

75MAを上に抜いたあたりが「損切りポイント」

 

結果

一番「損が大きくなった個所」での損切り。

 

いやになります。

 

このような「アンラッキーと思ってしまうトレード」を

含めてトータルで儲ける。

 

目指すは、トータルで儲ける。

よって「損切り」は、

絶対に守らなければならないルールです。