まず、60分足

ポンド/円のチャート

遅行線がローソク足にからんでいます。

よって、もみ合い

早稲田パターンが見て取れます。(Wボトム)

 

30分足を見ましょう

30分足でも、楕円形の個所はもみ合い状態。

60分では早稲田パターン(ダブル底)に見えましたが

トリプル底逆三尊型)ですね。

Aの個所で平行線を抜けています。

買いポイント

 

Bの個所

もみ合い放れ

ここも買いポイント

 

さらに、15分足を見ます。

30分足同様15分足でも

AとBが買いポイント

 

15分足で見ても

Bは、もみ合い放れ個所であり

絶好の買い場所

 

 

①60分足でチェックし、15分足を見る

②遅行線の抜けた方向へ

③移動平均線の並びもOK

④抵抗線抜けで、買いエントリー