平行線と遅行線はよく似合います。

 

もみ合いから下げトレンドのチャートです。

平行の線を引いてみてください。(下値支持線)

2ヶ所平行線(下値支持線)が引けます。

 

遅行線がローソク足を下に抜けたら、下げトレンド。

でも、まだ「もみ合い状態」かもしれません。

そこで平行な線を引いてみます。

 

AとBの場所で平行線(支持線)を抜きました。

下げが確定しました。

よって売りエントリーです。

 

簡単でしょ? FX。

下げが確定した個所で「売りエントリー」すれば

いいんですから。

 

その後、大きく下げています。

大儲け。

 

実は、このブレイク手法(平行線の抜け)

初心者には、お勧めしません。

 

自分では、抜けたと思ってエントリーするも

まだ「もみ合い状態」というということが

多々あります。

 

金がからまない立場で見ると、わかるポイントも、

実戦となると、なかなか待てない。

トレンドが出る前にエントリーしてしまいます。

 

「抜けた~」と思ってエントリー

結果、何度「抜けなかったか」

 

初心者は

グランビルの法則の買い2、売り2を

まずは、マスターしましょう。