GMMAチャートではダウ理論とグランビルの法則を使うべし

初心者はGMMAチャートにグランビルの法則を活用する

グランビルの法則を確認しましょう。

グランビルの買い1(売り1)はローソク足(実線)が移動平均線を抜いたところ。

一般的なルールは
グランビルの買い2(売り2)が一番エントリーしやすく
買い3(売り3)が次にエントリーしやすく、
その次が買い1(売り1)

しかし買い1(売り1)でエントリーはあり得ません。

結論を言うと

グランビルの買い1(売り1)でエントリーはありません。

100%ありません。

投資に関する本で書かれている
「グランビルの法則の買い1と売り1の箇所」は全て間違いです。

 

下のチャートでグランビルの法則の売り1と売り2はどこですか?

書籍どおりの場所が売り1と売り2です。
全く問題なさそうですが、
移動平均線を下に抜けた場所がグランビルの売り1ではないのです。

移動平均線抜けの場所でエントリーしてはダメです。
なぜなら、ダウ理論に従っていないからです。
ダウ理論をベースとしているグランビルの法則にも反する行動になります。
(ここで、わからなくても大丈夫です。先にすすめます)

チャートの左側でグランビルの買い1と買い2を探してください。

移動平均線抜けの場所をグランビルの法則の買い1とすると上の図になります。
グランビルの買い2の場所が「いまいち」ですが、とりあえず進めます。

AとBとCも移動平均線を上に抜けてますが
グランビルの買い1となりません。
移動平均線抜けという理由でAかBかCで「買った」場合、損切りです。

GMMAチャートはタマを入れるだけでエントリーポイントがわかります

GMMAチャートで同じ場所を見ましょう。そして「タマ」を入れてみる。


短期組と長期組が同じ方向に揃ったところにタマを1つ入れる。
エントリーポイントはタマ2個目からです。

その後タマを入れていきます。
タマ3個目、4個目という感じで入れていき、タマの場所がエントリーポイントになります。
ただし、タマを入れていくにしたがって勝率は下がる傾向にあります。
(タマ2個目からは右側からタマを押し込んで止まったところになります)

グランビルの買い1や売り1は
実線が移動平均線を抜けたところではなく
トレンドが発生したところが
グランビルの買い1や売り1です。

前の安値(L1)より実線(ローソク足)が下に抜けたので(L2)

上昇トレンドから下降トレンドに(仮)転換したと判断します。

U2でタマを入れることができました。

U2がグランビルの売り2と決まりました。

よって

売り2が決定したので、その前の波動に売り1があることになった。

もう1度、上のチャートで説明すると

実線が75MAを下に抜けたところでは、グランビルの法則では「何もない状態」です。
L2がL1を下に抜けたことが重要となります。ダウ理論が崩れた(ただ100%ではない)
一度上昇してから前の高値を抜くことなく
下げたので(タマU2が入れられたので)グランビルの売り2ポイントが出現しました。
よって
グランビルの売り1という幻(まぼろし)が出現した。

GMMAチャートでグランビルの売り2(買い2)を見つける

可能ならば

単純にタマ2個目でエントリーするのではなく、

グランビルの売り2(買い2)か

グランビルの売り3(買い3)に相当するを考えてみる。

問題
グランビルさんが下のチャート図のグランビルの買い1を見て指摘したことは何?

グランビル氏曰く「上のクランビルの買い1と買い2は間違い」

分かりますよね?

上のグランビルの買い1や買い2では、まだ上昇トレンドになっていません。


前の高値T1を上に抜けたT2でトレンドが変化したと「仮みなし」することができます。

G1から下がりG2で上昇

G2がグランビルの買い2となります。


タマ2個目の箇所は、前の高値を抜けていますので
エントリーしやすい。
タマ4個目はグランビルの買い2なので
安心してエントリーしやすいポイントとなります。

GMMAチャートのすばらしいところは、なんだと思いますか?
グランビルの買い2や売り2の場所に「タマが入る」ことです。

ネットを見ると
GMMAチャートは素晴らしいと書いてありますが
エントリーポイントについての説明が「弱い」

まず、タマが入れられるところがエントリーポイントです。
超初心者の方は、視覚でわかりやすい「タマ入れ」のポイントで
エントリーしてもらえれば、大負けはしないはずです。

少しレベルがアップしたら
グランビルの法則の買い2又は売り2の場所を見つけてみましょう。
そこにも「タマ入れ場所」があります。

また、買い2(売り2)より勝率が下がりますが
グランビルの法則の買い3又は売り3の場所も探せるようになりましょう。

グランビルの法則の本質を理解しましょう

ダウ理論に基づき確実にトレンドが認識できたところでエントリーする
これがグランビルの法則の本質です。
よって
移動平均線でグランビルの法則の買い1(売り1)を考えると
トレード自体を見誤ります。
100回ぐらいこのことを書きたいけど省略します。

グランビルの買い1や売り1でエントリーしようとすると「負けます」

BCで実線(ローソク足)が移動平均線を抜けていますが
グランビルの買い1はありません。
CとAの位置が微妙ですが
CがAより上の位置にあったとしても
グランビルの買い1に相当する場所はありません。

なぜなら
DがBより下の位置にあるからです。

EがCを抜けていてFで止まり(前の高値がAからCへ移動していることに注意)
GがDより上にあることが確認できたので
DとFの間のどこかにグランビルの買い1があることになった。

グランビルの買い1(売り1)は「ない」のです。
FとGの位置が確定したのでDFの間に買い1があることになったのです。

Dの位置がBより上で止まり上昇したら
BCの間にグランビルの買い1が存在してくることになります。

よって、グランビルの買い1で買おうとしても買えないのです。
グランビルの買い2が出現して初めてグランビルの買い1が発生してくるのです。

何を言っているのか、まだ意味不明ですか?

これだけ覚えてください。
グランビルの買い2(売り2)を見つけてエントリーする。
ここに注力する。


上のチャートでタマ2個目は、はずさないこと。
なぜなら、グランビルの買い2ですから。

もう少し付き合ってください。

長い時間軸で見ると
H⇒I⇒J⇒K
N波動(Nの形の波形)が描けるはずです。
Jがグランブルの買い2になります。
つまり
Gから上は長い時間軸でのグランビル2と
ダブルことになり
強力な上昇のN波動場所と言えます。
グランビル2 + グランビル2

 

このブログの復習問題1
なぜ、一般で通用している「グランビルの買い1や売り1」でエントリーしてはいけないのか?

答え
やみくもにエントリーすることと同じだから。
ダウ理論に従ってエントリーしているわけではないからです。

グランビルの買い2や売り2で初めて「ダウ理論」に沿った行動をとることになる。

このブログの復習問題2
このブログで学んでもらいたいことは何でしたか?

答え
グランビルの買い2や売り2をマスターして、
「GMMAチャートのタマ入れ法則」を使えば、エントリーポイントが明白であり
初心者でも勝てるツールとなること。

GMMAチャートで「タマが入れられるな~」で終わらないでください。

どこがグランビルの買い2の「タマ入れ場所」なのか
どこがグランビルの売り2の「タマ入れ場所」なのかを
何度も検証してください。

グランビルの法則を使うことで
GMMAチャートは
あなたの「最強ツール」となるはずです。

 

最後に
今までのブログ内容は
グランビルの買い1や売り1でエントリーするのは難しいから
グランビルの買い2や売り2でエントリーしましょう
という内容でした。

今回訂正させていただきます。
グランビルの買い1や売り1は「幻(まぼろし)又は存在しないもの」でした。

ということで(ここから下は完全に意味不明な文章となります)
石田ゆり子さんは高嶺の花だから原田知世さんを狙いましょうという内容は
過ちでした。

原田知世さん、ごめんなさい。
最初から原田知世さんを狙うべきというのが正しい見解でした。

「私をスキーに連れてって」のユーミンのA happy new yearを聞きながら
これからも
FXチャートを勉強していきます。

スガシカオさんとユーミンのデイエット曲が素晴らしい。

何十年前の志賀の花火シーンがあった正月まで数時間前にて筆をおきます。(筆じゃないけど)