FXチャート勉強 初心者でも勝てる最強GMMAタマ2個の手法 世界初

初心者でも勝てる最強GMMAチャート手法を覚える

GMMAチャートで勝てなければ

FXをやめろ!

と書いてありますけど

そもそも

GMMAチャートの活用方法が書いていません。

 

GMMAチャート

GMMAチャートの使い方がわからない

どこでエントリーしたらいいのか不明

「鰯パターン」ぐらいしかない

 

なんと不親切なGMMAチャート

 

タマ(ボール)を入れてみるのが最強GMMAチャート手法

 

ユーロドル1時間チャート

GMMAチャート手法によると

この下げトレンドで

エントリーできるのが「鰯(いわし)食いパターン」

 

また

短期組と長期組の間隔の広さ

トレンドの勢いを見ることができる。

 

それで「どうするの?」の解説がない

GMMAチャート手法

 

とにかく、右側からタマ(ボール)を入れる

短期組と長期組が同じ方向に揃った場所に

1個目のタマを入れる

上のチャートではA

Aではエントリーしない。

 

タマを右側から入れて止まったところ(タマ2個目)

ここで「売りエントリー」

その後の売りエントリー場所は

タマ3個目

タマ4個目

タマ5個目

 

遅行線と75MAと200MAを出す

GMMAチャートを補うため

遅行線と75MAと200MAを出す

 

ローソク足が75MA又は200MAと絡むとレンジ

初心者向けのGMMA手法と75MAと遅行線

 

GMMAチャートは

大きなトレンドで威力を発揮します。

 

「FXとマンションは眺望が命」パターン

を知らないと

GMMAチャートを

うまく活用できません。

FXチャート勉強 勝ちたい人が覚えるべき「FXとマンションは眺望が命パターン」

眺望が命パターンも繰り返し学んでください。

 

下降トレンドのチャート タマを入れてみましょう。

 

短期組と長期組が「きれいに」下に向いたところに

タマ(ボール)1個入れます。

タマ(ボール)2個で売りを仕掛けます。

 

タマタマ2個の法則で

売りエントリー

下げトレンドでの

タマ入れを見ました。

 

上昇トレンドのチャート タマ(ボール)を入れましょう。

短期組と長期組が揃って

上に向いた場所にタマ(ボール)1個目を入れる。

2個めのタマ(ボール)が止まった場所

ここで買いエントリーする。

タマ(ボール)が3個、4個、5個入れられました。

ここもエントリー場所になります。

 

上のチャートの続きを見ましょう。

短期組(いわし)が長期組(くじら)に

ぶつかった場所を「鰯(いわし)食いパターン」

買い場所になります。

鰯(いわし)食いパターンの後に

タマ(ボール)が入れられます。

ここは

タマ(ボール)1つ目から買いエントリーです。

上げトレンド

少し休憩(少しレンジぎみ状態)

上げ開始

この場合、タマ1個目からエントリーしてOKです。

GMMAの鉄板手法を復習しましょう。

長い時間足が上昇トレンドを示唆しています。

遅行線(遅行スパン)がローソク足(実線)を下から上に抜いた。

GMMAの鉄板手法ですね。

GMMAの鉄板手法の復習

GMMAチャート手法でオリジナル手法を学んでください。

セオリーの手法だけ覚えても

エントリー場所が良くわかりません。

①タマ(ボール)2個の手法

②GMMA鉄板手法

この2つを

あなたの手法に取り入れてください。

FXで勝率を高める

株やFXの投資の基本技に

押し目買い

戻り売り

があります。

 

長い時間足で方向性をつかむ。

そして

遅行線(遅行スパン)の実線(ローソク足)抜けパターン

取り入れることで

押し目買い

戻り売り

初心者レベルでも可能になります。

 

GMMAチャートの鉄板手法を

自分で何度もチャートを見て

ものにしてください。

 

GMMAチャートを一生懸命に勉強していても

このブログを見ていない人は

知らない手法になります。

 

ごちゃごちゃしたGMMAチャートに

遅行線を出す人もいないでしょうからね。

 

GMMAチャートに遅行線を出す。

そして

75MA(期間)と200MA(期間)も出す。

これで初めて

GMMAチャートが活用できます。

 

タマ(ボール)2個の手法と

鉄板手法

これが

最強GMMAチャート手法になります。