ユーロ円 30分足

遅行線が絡んでいるし

どこでエントリーすればいいのか

わかりません。

 

逆張りできる人は

「おいしい」のかもしれません。

 

その後のチャートが下です。

縦の1マスが5PIPSほど

 

この後のチャートは見ません。

「いい加減にしろ」と怒られそうなので見ません。

 

4時間足。 マルの箇所を見てました。

4時間足で見ると

全くエントリーできる気がしません。

 

東大卒で

ポーカーのプロの日本人がいます。

アメリカで戦っています。

 

「勝負できる時は勝負するが、

勝負できない時は絶対に無理をしない」

全米で有名なプロの人の言葉です。

 

プロの方が

勝負する時と勝負しない時を

見極めているのに

素人が毎回毎回勝負していたら

絶対に負けます。

 

チャートが読めない時は

無理しない。

 

負けたら

その日はエントリーしない。

 

ここで

初歩的な見方の解説

大きく動いているようですが、縦の1マス8PIPS

 

左下のマルで囲んだ場所が上のチャートあたりです。

縦の1マス 18.5PIPSあります。

 

大きい山だと思ったら

大きくなかった。

 

なぜ

「あ!」が入っているのか?

 

尊敬する佐野裕さんが

なぜか「あ」を入れていたので

真似をしました。

 

けっして、質問などしないように

 

 

「あ!」以外で気づいたことは?

75MAと200MAが重なった後、

離れていくと

大きなトレンドが発生する。

 

違うチャート

75MAと200MAがくっついてから

離れていくと

大きく動く傾向にある

 

名付けて

「あ!」の法則

 

 

タマ(ボール)がいくつも

入れられそうなチャートです。