日米野球 5回戦いました。

1回戦 2-0  日本勝利

2回戦 2-1  日本勝利

3回戦 3-2  日本勝利

4回戦 1-0  日本勝利

5回戦 1-15 米国勝利

 

これ

アメリカ(米国)の勝ちですよね。

 

合計の得点が

日本が9点

アメリカが18点

ダブルスコア  double score

圧倒的な負けといえそうです。

4勝1敗で大負けなのです。

 

FXや株式の世界は

負け試合と勝ち試合があり、トータルでプラスなら勝ち組みになります。

 

善良な人間は、金を巻き上げられる側の人間です。

なまじ

素人も勝つことができるので、知らないあいだに

たくさんのお金を失ってしまいます。

 

欧米人の書いた投資に関する本を読めば

100%全員が「損切り」しています。

 

欧米では

損切りしないのに、俺は儲かっていると言っている人は、

信用できない人間なのでしょう。

 

5回戦 1-15 米国の大勝利

なにも9回まで戦う必要はないのがFX

 

大きく負ける前に「試合放棄」すればいいのです。

それが「損切り」です。

 

試合も勝てそうな時だけ試合をします。

 

相手は、自分の何倍も強くて、悪い奴です。

全財産を失っている人間を見ても、平然としている人間です。

 

同じ条件で勝負をしてますから、当たり前の話ではあります。

 

日本人が逆張りが好きなことを利用して、儲けようとしている連中

ということを忘れてはいけません。

見えにくいですが

大きなひげをつけています。

 

下がってきたので、そろそろ買いだろうと買ったところで

大きく下(円高)に振れました。

 

日本人を狙ったとしか思えません。

このひげを見ると「兵(つわもど)どもの夢のあと」

 

と書きながら(同情しながらも)

AとBが売りポイントだな。

Bは転換線と基準線が交差してからの

上から、雲→基準線→転換線→遅行線の盤石の並び

かつ

支持線抜け

Bで売った人も多くいたでしょう。

12月なので注意しながらの売りでしょうが

 

さて

三葉ちゃんといっしょに、瀧くんを見つけてみましょう

 

W1が瀧くんパターン。

あと

W2とW3

逆の瀧くんパターンです。

 

 

さて、今日伝えかったことは、

三葉ちゃんは、池上優ちゃんみたいに

離婚しないでね。

 

 

 

大きく負けないためにも損切りは大切なルールです。

たぶん

損切り貧乏になると思います。

これは、損切りのせいではなく、自分の実力です。

ここをどのように乗り越えていくのか?

 

どうしたら機械的にFXを行うことができるか

確率的に考えて試行錯誤していく。

自分のあった方法を見つけていく。