順張りをトレードの基本として、逆張りも出来たら最高でしょう。

 

昔、お金を払って株式投資を教えてもらっていた講師の人は

逆張りを100%否定してました。

 

私もFX投資を行う人は、

「順張り」を目指すべきで、「逆張り」は考えなくていいと思っています。

 

結論が出たので、このブログは終了。

それでは、申し訳ないので「逆張り」について書いていきます。

 

 

先に言っておきますが

読んだら後悔すると思います。

「もやもや」して終了すると思いますが、すすめます。

 

実はFXで逆張りをしていた時期がありました。

逆張りを行っていた時代、資産が確実に増加しました。

儲かっていたのに、途中でその逆張り手法をやめました。

 

実は「なぜやめたのか」

よくわかりません。

 

体質的に合わなかったのか?

 

なかなかエントリーが来ないので、嫌になったのか?

 

 

その逆張りの手法は「お金を出して」手に入れたもので

他人の手法です。

よって開示はできません。すみません。

 

所詮、私が見つけた手法ではありませんしね。

 

2つのインジケーターを使用して

逆張りを行うのですが、かなりレベルが高い手法。

 

例えれば、プードル犬のアタマと

人間のアタマぐらい違います。

 

上には上がいるものです。

 

逆張り手法に話を戻します。

1つはRCIを使います。

 

それで、RCIについて、かなり勉強しました。

 

毎日ドトールでモーニングを食べながら、チャートを見て勉強しました。

「早くFXで食えるようになって会社を辞めてやる」と熱心に勉強してました。

 

ちなみに、まだサラリーマンです。

 

さて、下のチャート、どこで逆張りしたいですか?

マルのところですよね。

ここで逆張りできたら最高ですよね。

 

 

下のチャートがRCIが出ているチャートです。

やはり

Gのところで逆張りしたい。ですよね。

 

あとは、察してください。

なぜ、このチャートを出しているのかを。

 

少しコメントすると

Gでは無理です。この下ヒゲで買えません。

Gの後のローソク足で買う手法です。

Gのローソク足の1つ目か2つ目で購入する感じです。

 

 

 

このRCIを見ると

Aパターンが現れています。

Aパターンが2つあり、その後下がっています。

 

グランビルの売り1。 これって、難易度少し高めですよね。

Aパターンが現れているので、

売り目線で、グランビルの売り1で入れそうです。

 

逆Aパターンもあります。

最終的に上がっていますが、結果上がっただけで、この逆Aパターンは機能してませんね。

この上のチャート。

Aパターン

逆Aパターン

逆張りパターン

そして第3のパターンもあります。

 

実は、第3のパターンが2つ出ています。

 

この第3パターン、どうして知っているのか覚えていないのです。

だいぶボケできているようです。

 

逆張りパターンの人の手法の可能性が大なので、これも公開できませんが

自分で発見したような気もするんですが・・・

私が見つけていたら公開しますが、だぶん違う?

 

人間、自分に良いように解釈するからな~

犬も同様だった。

 

 

意外と、おもしろいのがRCI。

勉強したい人は、奥が深いインジケーターです。

 

もやもやして終わりましたか?

申し訳ありません。

 

ヒント

第3パターンの1つ目は、そのパターンで上がっています。

2つ目はそのパターンで下がっています。

ますます もやもやを増したことをお詫びします。

 

インジケーターはトレンド系とオシレーター系があります。

両刀使いできるのもRCIの魅力かもしれません。

 

あくまで私の個人的な意見ですが

いろいろ勉強したところで、

各インジケーターを使えこなせませんし、対応できません。

 

移動平均線と遅行線があれば十分だと思います。

トレンドフォローが基本方針ですしね。

 

今回のチャート

RCIを利用しなくても、グランビルの法則でいけますよね。

 

Aのところで短期組と長期組が下へ向きました。

売りの準備態勢。

Y2で玉が2つ入りました。

Y1がグランビルの売り1で

Y2がグランビルの売り2

(ゆり子のYではなくTにすべきだった?)

Tがグランビルの売り3(薬師丸ひろ子さんのHだったか?)

ひろ子さんゴメン。登場させることができなくて。

 

順張りのトレードなら

グランビルの売り1から売り3まで3回チャンスがあります。

 

その後、逆張りできても決済場所も難しい。

 

私は(順張りだけで)3人の女優に会えれば、それでOKです。

 

 

ここである人の言葉を紹介します。

「私たちは男も女も、能力に限界はないものとして前進しなければならない」

 

逆張りも勉強すべきということか?