投資の基本は、「押し目買い」と「戻り売り」。

簡単に見つかりそうで見つからない。

 

75MAと200MAに挟まれていると

ほんと「レンジ相場」になりますね。

 

どこだかわかりますよね。

レンジから抜けると大きく動く。

Aで売った人

気持 よかったでしょうね。

 

Aは、

ニューヨークボックス抜けのところ。

ここは、すごい。どんぴしゃり。

ロブ・ブッカー手法、爆発しました。

 

戻り売りすべきポイントなく

大きく下がりました。

売りポイントは

グランビルの売り1のみでした。

(下値支持線抜けを売り1とします)

 

続きのチャートが下。

75MAがローソク足に絡んでいると「レンジ」

そこを抜けた場所は?

 

Cがレンジ抜けた場所。

実は、ロブさんのニューヨークボックス抜けの場所。

ここも、どんぴしゃり。

 

Bの場所をどう考えるのか?

正直、よくわかりません。

Cで下げても、Bあたりまでで、止まりそうな気はします。

「FXとマンションは眺望が命」の法則に反します。

 

Cは、ロブさんを信じ、売りエントリーしてもいいかな~。

というか、

ある程度、下がりそうな局面。

Bの位置を意識しながら売りエントリー。

 

まだ、「戻り売り」や「押し目買い」の場所が出てきません。

先を見ましょう。

 

Dがレンジ抜けの場所。

グランビルの売り1(このブログでの定義)

Dから下が「FXとマンションは眺望が命」法則

 

Eの上が戻り売りの場所。

ようやく出てきました。

 

Eは取りたい場所。なんとしても・・・

Eは、グランビルの売り2

優ちゃんこと原田知世さんが、ようやく登場。

Eは2億円パターンでもあります。

 

なんと、

Eは、ニューヨークボックス抜け。

ロブさんの鉄板手法。

ロブ・ブッカー信者は、3連勝

ローソク足が200MAや75MAと絡んでいないところもすばらしい。

 

Fはグランビルの売り3

薬師丸ひろ子さんポイント。

 

ここは、戻り売り?

違 う で し ょ う ね 。

 

戻り売りの場所は、

Cの少し上とEの少し上。

出現頻度 少ないな~

 

儲けるには

・レンジ抜けもエントリーすべし。

 

グランビルの売り1、買い1も、マスターすべし。

原田知世さん(買い2、売り2)と出会う前に、女を作るべし。

 

石田ゆりこ(とでも名付けましょう)

 

 

石田ゆりこさん、年齢の割にかわいらしい女性です。

かわいらしさは、原田知世さんより上?

 

ただ、石田ゆり子さんの「かわいいしぐさ」は2~3年が限界のような気もします。

 

 

プードル犬は、FX以外は全く関心がありませんので、投資の話に戻します。

 

 

 

Fもニューヨークボックス抜けでした。

15~16PIPS下がりました。

20PIPS行かなかったので負けトレード。

 

実戦では

Fで売り、損切りをF2にして。リスクリワード1でOKだと思います。

(F2の少し上あたりを損切りラインにしても可)

 

今回の少ないチャートだけで判断すると

「グランビルの売り1」を取れる人と取れない人では、稼ぎが違ってきますね。

 

ここでいう「グランビルの売り1」は移動平均線抜けのことではなく、

下値支持線抜けのことです。

 

 

今日の結論

原田知世さんも石田ゆりこさんのように「かわいらしい女」を全面に出せるのに、出さないのはなぜか?

 

「もうそんな歳ではない」と思っているのか?

「いつまでも通用しない」と思っているのか?

 

 

 

全面に出さなくても、かわいらしさが出せているところが

原田知世さんのすごいところ。

今回は、原田知世さんの出現が低いのが残念。

(グランビルの売り2、買い2のこと)

 

3年後、5年後

原田知世さんと石田ゆりこさん

どちらがテレビに出ているのでしょうか?