下記のチャートで「買い」と「売り」は、どこで行いますか?

平行線を引いて説明してください。

 

買いエントリー場所がA

遅い?

 

Yが上値抵抗線抜けた場所か

 

・Aの場所が「ニューヨークボックス」抜けの場所。

・遅行線が雲を抜けた場所。

 

よって

Aは、勝てる可能性が高い。

Yの少し上でもある。

 

そして

売りエントリーしたいのがB。

下値支持線抜けの場所がB

 

この支持線という言葉に抵抗感あり。

 

下に抜けたくて、何度か抵抗されて、やっと下に抜けた~

これも「抵抗線抜け」じゃないの?

 

Aから上は左側に何もない(ローソク足なし)

Bから下も左側に何もなし。

「FXとマンションは眺望が命の法則」どおりです。

 

高くなったから買う。

 

安くなったから売る。

 

FXや株の基本。

 

Bから下の左側にローソクがあるだろう! って。

よく見ていますね。

 

Bの下にも「下値支持線」引けますよね。

チャートには引いてませんが、場所わかりますよね。

2億円パターンです。

そこで、売りポジションもOK

左側にローソク足があるだろうの話に戻ると、

「マンションの眺望もこの程度見られれば御の字」

と考えるか。

 

NYボックスの下あたりでの売りなら

ローソク足に眺望は邪魔されていません。

 

 

さて

宇宙戦艦ヤマト

下から攻撃されたらダメだろう。

 

海がないのに、海に浮かぶ前提で設計されているのが最大の欠陥。

 

宇宙は上と下に関係なし。

 

ガミラス側(ヤマトの敵)も戦闘機を

ヤマトの下側にワープして攻撃するの正しい攻撃でしょう。

 

波動砲も前だけしかないのに、正面から戦ってはダメ。

ガミラス星人、戦い下手すぎ。

 

かなり脱線してきましたので、話したい内容に戻します。

 

FXは、買いと売りの「両刀使い」が基本。

よって下側の平行線が支持線とは言えない。

下げトレンドの、下側の平行線は抵抗線が正しいと思います。

宇宙戦艦ヤマトの戦い場所が宇宙なのに

上下にこだわっているのに似ています。

 

繋がりました。

 

平行線を引いて、そこを抜けたら、エントリー。

誰でもFXで勝てる方法

今回の講座は、これで終了

します。

 

FX本もこんな感じ。

2000円もしないしね。

 

他のチャートも見ましょう。

ラインを引いて、エントリーポイントを言ってください。

 

Cで買い。

Dで損切り。マイナス25~27PIPS

 

Eで売り。

Fまで行くが、その後反転で、損切りです。

Eは、NYボックス抜けでのエントリー。

 

よって、このチャートは

講座に使用しないし、

FX本にも載らないチャート。

 

 

かわいくて、性格の良い女性以外の人はここまで。

 

次回は、かわいくて性格の良い女性だけの限定で書きます。

 

見れることができる人。

誰もなし・・・