初心者でも儲かる手法の検証

2019年2月12日からの検証

なぜ、その日から? と疑問に思った人は、前のブログを読んでください。

ロブ・ブッカー氏の「ニューヨークボックス抜け手法」の復習。

(プードル犬版)

1、日本時間の午後2時と午後9時でタテの線を引く(冬時間)

夏時間の場合は、午後1時と午後8時で縦線を引く

2、その期間の高値と安値でヨコ線を引く。

  1と2でボックスとなります。

3、ボックスを抜けた方向へエントリーする。

4、確定した足で判断する。ヒゲではエントリーしない。

5、移動平均線は62、200の2本で判断。EMAを採用。

(注意)ロブ氏の正式な手法を変更していますので、血液型B型以外の方は、ネットで正式な手法で確認してください。

 

いいかげんな性格で、かわいい女性好きな方は、このままでOKです。

 

初心者の方は、手法の内容がわからないと思いますが、わからなくてもいいです。

だんだんと覚えていけばいいです。

まず見ていきましょう。

 

100%わかってから行動するのではなく、30%理解したら行動すべし!

樺沢紫苑さんのベストセラー「OUTPUT」に書かれている言葉。

ちなみに30%ではなく、20%だったか、40%だったか・・・

 

チャートいきます。

Kで買いエントリー。

Lで決済。20PIPS儲かりました。

20PIPSで決済。逆の20PIPSマイナスで損切りルール。

 

次のニューヨークBOXを見ます。

移動平均線の位置が下が62MA、上が200MA

よって、「買いのみ」を考えます。

う~ん。売りで20PIPS取れています。

ロブ・ブッカー氏の原則は、移動平均線の位置は言ってません。

よって、2戦2勝。

(プードルアレンジ手法だと、2戦1勝0敗 1休憩)

犬よりレベル高し。

当然か・・・

 

次の NY BOX(ニューヨークボックス)を見ましょう。

移動平均線の位置では、売りを狙いますが、

ロブ氏の基本手法はBOX抜け。

BOX抜けでローソク足が確定した場所がE

Eで買いエントリー。

結論から言うと勝ちました。

3戦3勝

いや~ すごい すごい。

 

今回の検証は、このあたりにします。

 

 

下記は、読む価値がない内容です。

説得力ゼロのプードル犬の意見を書きます。

75MAと200MAが近づくと、動きません。

もみ合い状態です。

エントリー禁止。

遅行線も絡んでいるので、プロ級でない私たちは「様子見」が正しい。

ちなみに上のチャートでは、75MAではなく62MAですが75MAの代わりとします

 

上のチャートを見てもわかると思いますが

200MAと75MA(今回62MA)がローソク足と絡んだら、様子見がベストです。

 

説得力なしですが、

この法則は覚えておいて損はありません。

 

少し先のチャートがこれ。

75MA(正確には62MA)と200MAがローソク足と絡んでいます。

トレンドが出てないので、難しいですよね。

逆張りなら、儲かるかもしれませんが

私たち、素人は、トレンドが発生してからエントリーするんでしたよね。

 

 

なぜ、トレンドでエントリーするのか?

 

原田知世さん

薬師丸ひろ子さんに会うためでしたよね。

 

ここは、わかならなくてOKです。