投資の初心者が戦うには、トレンドが発生したらエントリーすること。

トレンドが発生してない状態で、エントリーしても、100%負けます。

 

もみ合い状態では、エントリーしないこと。

トレンドが出たら、エントリー。

これ初心者の鉄則です。

下降トレンドなら「売り」から入る。

上昇トレンドなら「買い」から入る。

 

サーフィンと同じで、波に乗る。

波が来なければ、乗らない。

 

ここで「ダウ理論」について解説します。

なぜなら

「ダウ理論」=「トレンドの定義」になります。

聞くと当たり前の話ですが、知らない人も多いので説明します。

 

下記チャートで、トレンドが発生している場所を探してください。

簡単にわかりましたよね。

上昇トレンドの個所。

 

単純に上がっているから「上昇トレンド」なのですが、

言葉で説明すると

「安値が上がって、高値も上がっている」と定義づけができます。

これが「ダウ理論」

 

当たり前のようで、「大切な理論」です。

 

本やブログでは、すでに終了した相場を解説しています。

私たちは、先がどうなるかわからないローソク足を見て、買うか売りか、様子見するかの判断しなければなりません。

 

この先どうなるかわからない訳です。

判断基準がないと判断しようがありません。

ダウ理論が世界共通の「判断基準」です。

 

今の相場がどうなっていくのか?

相場の参加者全員が直近の「高値」「安値」を見て、上昇トレンドにいるのか、下降トレンドにいるのか、もみ合い相場の中にいるのかを考えています。

(ダウ理論を知らないような人間を除く参加者全員です)

 

トレンドに乗ろうとしているのは私たち初心者だけでなく、大きなお金を動かすプロたちもトレンドに乗ろうとしています。

 

上昇トレンドに乗ったとします。

相場が上昇しているのなら、「直近の安値」を割り込みません。

逆に「直近の安値」を割り込んだら、上昇トレンド終了を意味するため、エントリーしている参加者全員は注意深くチャートを見て、売りの判断をします。

 

単純な定義の「ダウ理論」

しかし、参加者全員がこのダウ理論で動いてるため、ダウ理論の効果は絶対的です。

 

このダウ理論どおり上昇トレンドが終了する場面では、参加者の多くが「売る」ため、大きく相場が動きます。

 

今後、チャートを見る時は、必ず「高値」と「安値」がどうなっているか見てください。

 

以上のように

この「ダウ理論」は、知っていて当たり前であり、知らないと相場から「退場宣告」を受けます。

 

犬でも知っている「ダウ理論」

覚えてください。

 

さて

後からチャートを見ると、トレンドの発生場所は簡単に見つけられます。

しかし、動いている生チャートで見つけるのが、難しいのです。

 

トレンドの発生が100%わかれば、100%儲けられます。

私たちは、トレンドの波に乗ることを目指しているわけですから、トレンドがわかれば儲けられることになります。

 

確認問題(復習)

下記チャートで「もみ合いの個所」を探してください。

そして、四角で囲ってください。

 

下記チャートで気づくことは? 全て答えてください。

気づくこと

その1、高値が切り下がり、安値も切り下がっている。

ダウ理論で判断すると「下降トレンド」

 

その2、もみ合いの長方形から抜けたAとBで売りエントリーすれば、儲けることができた。

 

その3、Aから下げトレンドが発生した。

 

その4、長方形(もみ合い)の中で、エントリーしても儲けるのが難しそうである。

 

上記チャートに移動平均線を出してみると

移動平均線は、75、50、21を出しています。

 

Cで上から75MA,50MA、21MAと移動平均線がきれいに並びました。

下げトレンドと認識できます。

 

移動平均線が「くっついている状態」から「離れていく状態」

しかも、上から75、50、21と順番に「きれいに並ぶ」

わかりやすい下げトレンドの形になります。

 

移動平均線のチャートを見ると

長期・中期・短期と並んだ移動平均線と同じ方向にエントリーすれば儲けることができそうな気がします。

 

ローソク足が移動平均線の上なら「買い」のみ考える。

ローソク足が移動平均線の下なら「売り」のみ考える。

 

 

 

プードル犬でも知っている簡単な知識を講義していきます。

 

犬でも知っているような「簡単な知識」も知らないで、

投資の世界に入ったら、120%お金を失います。

「はい、投資の世界から退場」です。

 

何も知らないで儲かりそうだと、初心者は、どんどん参入してきます。

みんなプロの餌食になってしまいます。

 

覚えるべき最低の知識を書いていきます。