AUD/USD 30分足のチャート。

Aで売りエントリーしてます。

9月4日 佐野さんの動画

 

5分足で見ましょう。

Aで売りエントリーして、Dの前あたりで決済しています。             

さて、凡人トレーダー哲。

ラインB抜けのCで売りエントリー。

Aを損切ポイント、リスクリワード1:1。

 

凡人も儲かりましたね。

 

佐野さんはローソク足が確定する前でエントリーしてますが、

凡人は真似しない。 真似しない。

 

チャートの右側で、大きな陽線。

その前に手じまっています。

その後、陽線出るのがわかっているようなトレード。

 

わかっているかも・・・、天才ですから。

 

佐野さんがトレードを終了した少し後のポイントD

そして戻り売りポイントのE

ここ凡人の「売りエントリー」場所です。

 

天才が終了後、凡人が開始。  下記も5分足チャート

佐野さん1時間足を見て売りエントリーしてましたが、

遅行線が絡んできているので「もみあい」状態です。

よって大きく動かない状態。

よって、凡人には難しい。

 

1時間のチャートを見ましょう。

佐野さんがエントリーした左側の「下降トレンド」

D、E、F、G

 

Dがグランビルの売り2

Eがグランビルの売り3

 

FとGは「もち合い下放れパターン」

 

凡人には、トレンドが出てからの方がエントリーしやすいですね。

 

 

 

 

 

今日の早朝、北海道で大きな地震がありました。

被害も大きく適切な言葉が出てきませんが、1日も早く元の生活に戻れますようお祈り申し上げます。