ポンド/円の続きがどうなったか?

5月2日はこんなチャートでした。

「もみ合い」になりそうなので

エントリーしないのが正解と書きましたが

どうなったでしょうか。

 

エントリーしないのが正解でした。

 

しかし「もみ合い」ならないで、下げました。

 

 

「もみ合い」になってから、上げると思ってましたが

そのように書かなくて、こちらも正解。

 

グランビルの法則のエキスパートからすれば、

「グランビルの買い2」では、なかった。

 

よって、75MAを抜いた個所は、

グランビルの買い1ではない!

 

さすが、ここまで言わないでしょうが、

後から見ると、買い2は微妙。

 

上がっていない以上、買い2ではない。

これが正解と言えば正解。

 

なぜ、グランビルの法則が効かなかったか?

 

1、買い1の後の山が大きかった点

2、買い1と買い2の間が短かった点

3、大きな山から買い2まで急激に下がっている点

 

これが正しいかはわかりません。

 

FXの本のチャートと違い

生のチャートは、セオリー通りではないので

たくさんのチャートを見ることが大切。

 

上昇するのは、AとBの間のAの線を

遅行線が上に行かないと、上げトレンドにはならない訳です。

山が大きいと、そこを上に行く「大きなエネルギー」が必要。

 

初心者が組みやすい「グランビルの法則」

 

万能ではありませんが、

初心者が必ず覚えていてほしい法則です。