FXは、江戸の敵(かたき)を長崎で討ったらダメ

 

FXは、負けても熱くなったり、仕返しをしようとしたら

「倍返し」を食らいます。

前のブログで西郷隆盛さんをFX不適合者に認定しましたが

熱くなる人は、FXに向きません。

 

下記のチャートを見て、エントリーの個所はどこですか?

 

実は、「もみ合い状態」なのでエントリーしない。

結果がわかっているので、簡単に言えます。

 

Aの個所。グランビルの買い2に見えます。

また、安値も切り上がっています

Aの次の大きな陽線の確定後に買いエントリー

根拠として前の高値を抜けています。

(その前の上ヒゲは、抜けていませんが・・・)

 

買いエントリー 大失敗

 

ボックスの下あたりが損切ポイントなので

損切り。

 

一番の高値で買って、一番の安値で損切り

したことになります。

ほとんどの人は、熱くなります。

 

チャートを見ているとローソク足が戻ってきました。

損切りしなければ、若干のプラスになっていた!

 

また買いエントリーの個所で

左の方の上ヒゲも抜けました。

 

私なら100%買います。

ここで敵(かたき)を討たないで、どこで敵を討つのだ!

と思いながら・・・

 

買ったら、下げてきました。

 

こうなったら、もうダメです。

 

いくら金を失ってもいい。絶対に敵(かたき)を討つ

心に誓うことになります

 

実は、けっこう重要な内容を書いています。(上記内容)

投資の本で、このような内容は読んだことがありません。

 

ここでは、2つの事を覚えてください。

ま~、忘れてしまうと思いますけど・・・

経験したら思い出してください。

人間、経験しないと学べない動物なので。

 

その1

FXでは、敵(かたき)を討たない。復讐はしない。

 

負けたら、その日はトレードしないこと。

 

その2

トレンドフォローを目指す私たちにとって

もみ合い相場は、絶対に手をださないこと。

 

トレンドが発生したら儲けることを目指す私たちは、

もみ合い相場だと

(ほぼ)一番の高値で買って

(ほぼ)一番の安値で売ることになります。

 

負けた場合、トレンドが出ていなく「もみ合い相場」の

可能性が高いです。

 

よって

負けたら、その日はトレードしないこと。

 

後で見れば、誰でもわかる「トレンド相場」と「もみ合い相場」

いかに判断するか?

このブログのテーマの1つでもあります。

 

なになに

西郷さんの例は、おかしいって?

 

篤姫(北川景子)に「いっしょに逃げて」と言われて

熱くなった西郷さん。

 

「熱くなったのは、頭ではなく下半身の方だろう」

 

確かに・・・

 

このブログは真面目なFXを勉強するブログです。

よって、その手の質問は、ノーコメントとします。

 

NHKの大河ドラマで

春画を出してきました。

NHKも変わりましたね。

 

NHKとは違い真面目なブログを目指します。