遅行線は羅津盤と同じです。

初心者はエントリー場所がめちゃくちゃです。

 

なぜ、この場所でエントリーしたのだろう?

説明できないことは、ザラにあります。

 

あなたが初心者なら、遅行線が抜けた方向へエントリーしてみましょう。

 

遅行線の方向にエントリーすれば、儲かっています。

 

注意してほしいのは、遅行線がローソク足に絡んでいる時は、エントリーしないこと。

 

その後のチャートを見ます。

 

もみ合い→下げトレンド→もみ合い→下げトレンド→もみ合い

 

トレンドが出た時に売りエントリー

もみ合いではエントリーしない。

 

遅行線がローソク足にからんでいると

もみ合い状態。

もみ合い状態では、初心者は儲けられません。

 

トレンドが出た時に、同じ方向へエントリーすること

遅行線が役立ちます。

 

実際は、「トレンド状態」と「もみ合い状態」を

区別するのは難しいところがあります。

 

遅行線を意識する。移動平均線の並びも注意する。

 

とにかく

遅行線の抜けた方向へエントリーする

(ローソク足を抜けた方向へエントリー)

 

 

ダメだったら損切。